2016年12月16日金曜日

『50歳からはじめる人生整理術』




柴田和枝=著『50歳からはじめる人生整理術 終活のススメ』

就活ならぬ「終活」のススメとあるように
人生の幕引きの時のためにさまざまなモノやコトを整理しておく整理術の指南書です。
対象はかなり具体的で、写真整理とデジタル遺品(ネットサービスのアカウントなど)
それに自分の思いや希望を伝えるためのエンディングノートの作り方。
かなりデジタル寄りなのです。

写真は本人が亡くなってからでは整理が大変。
デジタル機器を活用して整理する方法や、スキャナーの選び方まであって親切です。

エクセルのエンディングノートがダウンロードできて、こちらも便利。

デザインとしては、デジタルっぽくなりすぎないように、
リビングテーブルの上にさりげなくあっても違和感ないような
そんな装丁を目指しました。



それにしても「終活カウンセラー」というのがあるんですね。
著者は「写真整理アドバイザー」という資格制度も立ち上げたそうで、知らないところでいろいろ世の中は進化してますね・・・

2016年12月14日水曜日

『キューバ革命 1953〜1959年』



こちらは装丁を担当した河合恒生=著『キューバ革命 1953〜1959年』(有志舎)

この本についての版元のブログです。
有志舎7月の新刊、『キューバ革命 1953~1959年』
カストロの死去と『キューバ革命』

この本が刊行された4か月後にカストロが亡くなり
期せずしてキューバ革命を振り返るタイミングになりました。

青い横ラインと赤のアクセントはキューバの国旗をイメージ。
帯の地にうっすら入った三角も。

・カバー:Mr.B/ホワイト
・オ ビ:コート紙
・表 紙:NTストライプGA/クリーム
・見返し:NTストライプGAクリーム
・別丁扉:TS-7/P-67(水色)

2016年12月7日水曜日

『台与の正体 邪馬台国・卑弥呼の後継女王』




こちらは装丁を担当した関裕二=著『台与の正体 邪馬台国・卑弥呼の後継女王』(河出書房新社)

わずか13歳で女王・卑弥呼の跡を継いで、やがて国を治めたとされる台与(とよ)の正体をテーマにした一冊。古代史分野で人気の関裕二氏の本です。

関裕二氏の本はいくつか装丁したことがあります。
アメノヒボコ、謎の真相(河出書房新社)
応神天皇の正体(河出書房新社)
異端の古代史シリーズ(KKベストセラーズ)

毎回、ミステリアスな雰囲気を醸し出す写真を探しています。

今回、カバー用紙はエンボス系のものを使用。




角度によってはけっこう強めに見えて、ミステリアスな雰囲気を下から支えている感じでしょうか。

・カバー:パターンズ/エグシェル/ホワイト
・オ ビ:コート紙
・表 紙:アヴィオン/ハイホワイト
・見返し:やよいカラー/ぐんじょう
・別丁扉:パターンズ/エグシェル/ホワイト

2016年12月5日月曜日

『日本語教材研究の視点』



吉岡英幸/本田弘之=編『日本語教材研究の視点 新しい教材研究論の確立をめざして(くろしお出版)

こちらは日本語学の書籍。
はじめは専門書によくある抽象的な柄や幾何学的なモチーフを使ってデザインしたのですが、「教材(本)がたくさんあるようなイメージ」もいいということで、このように。
ふわっとした写真がこうした分野の本では新鮮です。

なんとなく自分が使っているメガネに似てます。



・カバー:MTA+-FS *グロスPP加工
・オ ビ:エコジャパンR/ゆき
・表 紙:アヴィオン/ハイホワイト・見返し:色上質/ラベンダー

『ファイナンス業務エッセンシャルズ』



こちらは中西哲=著『ファイナンス業務エッセンシャルズ』総合法令出版 )

わかりにくいかもしれませんが、ちょっと変形です。
A5判変形/天地210 × 左右134mm
左右が通常より14mm短く。

とにかく文字を中心にシンプルでカッコよく。
そんな要望でした。
いろいろ考え、いろいろ作りました。
最終的にはシンプルな白地に銀の欧文、オレンジのタイトル文字で決定。
オビを外してもすっきりと。



・カバー:雷鳥スーパーアートN *グロスPP加工
・オ ビ:パターンズ エグシェル/ホワイト
・表 紙:ピムズマット
・見返し:色上質/黒

2016年12月4日日曜日

『中日辞典 第3版』



昨年、『日中辞典 第3版』のお仕事をさせていただきましたが
日中辞典 第3版
それと対になる『中日辞典 第3版』もできあがりました。

『日中』制作時に『中日』のデザインもほぼ作り上げていました。
ケースの背の部分のデザインを『日中』の背幅に合わせていたのでそれを『中日』用にあわせるなど、今回は調整作業が中心でした。



ケースの「中日辞典 第3版」の文字部分は浮き出し加工を施しています。
特に「辞典」が黒地に青文字で、色校の時にはやや見えにくかったのですが、この加工ではっきりするようになり、とても効果的でした。




本体のビニールクロスはうすいブルー系で。
見えにくいですが文字部分はブルーの箔押しです。




二冊とも厚みがありますが、軽快なデザインで重さを感じさせないのではないかと思います。
(実際とのところ一冊1kgほどあるのですが)

辞書はそうたくさん作るものではないし、たびたび改訂できるものでもありません。スタンダードな辞書だと10年以上店頭に並び、使われることになります。中日辞典第2版も2002年刊行ですから15年近くですね。
そう思うと身が引き締まりましたが、それだけの重要なデザインに関わらせていただきとても光栄でした。今までの中国語の辞書にはない新鮮なデザインに仕上がりました。
第3版も中国語学習者の方に末長く使っていただけることを願っています。





2016年12月2日金曜日

『名詞類の文法』



福田嘉一郎 ・建石始=編『名詞類の文法』(くろしお出版)

こちらは装丁を担当した日本語学の専門書です。

専門書の装丁にはあまり具体的な注文を受けることはないのですが
(「明るく」「重厚に」など雰囲気の方向性だけのことが多い)
この本ははっきりと「薔薇を使ってほしい」との注文がありました。
研究者にとっては「名詞」と「薔薇」はつながりがあるそうなのです。

『薔薇の名前』という小説・映画がありますね。
ウンベルト・エーコ作で、映画ではショーン・コネリーが主演でした。
映画はかつて観た覚えがあります。(だいぶ忘れていますが)

 
小説『薔薇の名前』


映画『薔薇の名前』

ミステリー仕立てになっていますが、その中で普遍論争とか唯名論とか哲学的な話が出てきて、「薔薇」という名詞が「薔薇そのもの」を指すのか「薔薇という概念」を指すのかというような論争あるということなのです。(いまよく分からないまま書いてます)
それで「薔薇」と「名詞」が並ぶと、分かる人にとっては「あ、あのことだな」となるそうなんです。

というわけで「薔薇を使いたい、いろんな色や形の薔薇を」ということでした。

リアルな薔薇だと派手で落ち着きがなくなるため、シンプルなイラストで色も抑えめにしました。