2017年11月28日火曜日

『命を守る水害読本』


こちらは『命を守る水害読本』(毎日新聞出版)

表紙デザインを担当しました。(カバーはなし)
A4サイズのグラフ誌のような体裁で
水害についての知識や対策がオールカラーの
グラフィックな紙面で構成されています。

一般の方や、自治体の防災担当者向けになっています。
水害は地震と違って「起きてから逃げる」ではなく
「起きる前に逃げる」ことになります。
そのための備えと知識が大切とのこと。
この本で勉強しておくのがよさそうです。

2017年11月27日月曜日

『60歳までに知っておきたい 金融マーケットのしくみ』


装丁を担当した三井住友信託銀行マーケット企画部=著『60歳までに知っておきたい 金融マーケットのしくみ』(NHK出版)です。

こちらの本は以前から装丁を担当している『投資家のための金融マーケット予測ハンドブック』シリーズと同じ三井住友信託銀行マーケット企画部の著書です。

カバーまわりのと、本文フォーマットもデザインしました。
また、本文組もDTP担当の協力を得て全面的に担当しています。図版の作成も。
本文は「60歳」に近い人向けになるべく大きめにしています。



本文・オビイラスト=福田玲子
DTP=KIYO DESIGN、越海編集デザイン

2017年11月7日火曜日

『ACA アドビ認定アソシエイト対応 Illustrator CC 試験対策』


築城厚三=著『ACA アドビ認定アソシエイト対応 Illustrator CC 試験対策』(オデッセイコミュニケーションズ)

こちらは以前装丁した『ACA アドビ認定アソシエイト対応 Photoshop CC 試験対策』のIllustrator版。「アドビ認定アソシエイト(ACA:Adobe Certified Associate)Illustrator CC」試験の公式テキストです。

Photoshop版が白地だったのでこちらは朱色を時に敷きコントラストをつけて際立たせました。
Illustrator版なのでベクターイラストをカバーに使っています。
2冊並べるといい感じ。



2017年10月18日水曜日

『国際化時代の日本語を考える』



マーシャル・J・アンガー、茅島 篤、高取 由紀=編『国際化時代の日本語を考える 二表記社会への展望』(くろしお出版)

こちらは装丁を担当した一冊。
日本語研究の書籍です。

外国人にとって敷居の高い「漢字かな交じり文」とローマ字表記を第二の表記として併用する可能性・必要性について専門家が考察した本です。

観光客などを対象としたテーマなので、日本の名所を表したイラストを画像サイトでみつけて採用しました。

まあ確かに観光で来日した人に漢字読めといっても無理ですよね。
災害とか緊急時も困るし…
ローマ字も併記するのは悪くないのでは。

2017年10月16日月曜日

『三遊亭円朝と民衆世界』


こちらは夏に刊行の
須田努=著『三遊亭円朝と民衆世界』(有志舎)
カバーまわりを担当しました。

カバーの画像は「真景累ヶ淵」の幽霊絵(大正期の新聞広告に使われた画像)です。
和紙の画像を下に敷きました。

日本経済新聞、赤旗、朝日新聞の書評欄に取り上げられました。
朝日ではサンキュー・タツオさんが書いています。
〈歴史学、とくに民衆史という観点から円朝に切り込んだ点が新しい〉
〈メディアのなかで、民衆と政府やスポンサーといった「顧客」が望むものを提供し続け、自己実現を果たしていく円朝の姿に、穏やかな気持ちではいられない〉


・カバー:ミセスB スムース-F/スーパーホワイト
・オ ビ:NTラシャ/スノーホワイト
・表 紙:タント/L-70(青)
・見返し:NTラシャ/ベージュ
・別丁扉:アラベール/ナチュラル

2017年10月12日木曜日

『世界正義の時代』



少し前になりますがこちらは春に刊行されたもので
マリー・ドゥリュ=ベラ=著、=翻訳、解題:井上彰林昌宏
世界正義の時代 格差削減をあきらめない』(吉田書店)
装丁を担当しました。

細い明朝体のタイトルとゴールド(風)の縦オビで構成しました。





カバーにサガンGAという少しエンボスのある用紙を使っているのですが
ニス加工をするとゴールド風の部分の光り方が、ちょっと本当のゴールドに見えて…

・カバー:サガンGA/プラチナホワイト
・オ ビ:トーンF/WG3
・見返し:ビオトープGA-FS/イエローオーカー

2017年10月10日火曜日

『なぞって描く 癒しの仏像』



はやくも10月になってしまいました。
今年中盤からの仕事をアップしていきます。

田中ひろみ=著『なぞって描く 癒しの仏像 〜厳選! とっておきのかわいい仏像38選〜』(COSMIC MOOK)

こちらはカバーまわりと中のデザインの一部、それに本文フォーマットを担当しました。

田中ひろみさんの仏像なぞり絵の本は好評のためすでに3冊出ていて、こちらは4冊目ということで「かわいい仏像」という違った切り口で制作したものです。
童顔だったりぽっちゃりしていたり、ユニークな造形だったりなど、田中さんが胸がキューンときた仏像を集めています。

こんなかんじでうさぎを抱いていたりとか


おもしろいポーズの仏像が掲載されています。



仏像の基礎知識もあります。
これで仏像の種類を初めて知りました…


子供のころはあまり興味が持てなかったそうです。
しかしその後、仏像LOVEになり仏像関連の仕事をするようになった経緯がマンガで載っています。


メジャーな仏像を制覇した人も、仏像にあまり興味がない人も
この本でかわいい仏像をなぞってみてはいかがでしょうか。